できたてほうじ茶専門店

【店長の親愛なる日記】

【月見団子とご一緒に】

木々が少しずつ
落ち着いた色に変化してきました。
日本の素敵なところ、
四季がある事ですね。

10月も近くなると、
夏のキラキラした日差しから、
柔らかい光に変わり、
木々も鮮やかな緑から、
深みのあるカーキや、
黄金色に変わります。

食べ物もそうですね。
夏には、
真っ赤なトマト、
枝豆やゴーヤの緑など、
ハッキリした色の物が
多いです。

秋には、
オレンジの柿、
紅色のサツマイモ
深紫のブドウなど、
落ち着いた色の
野菜や食べ物になります。

木々や草花、
八百屋さん、果物屋さんを見ると、
自然とともに、
生きているのだと
感じます。

また10月は、
茶道の世界では、
風炉から炉へ移る前の、
名残の点前の月です。
10月にしかしないお点前があり、
夏の透明感のあるガラス類から、
道具類は侘びた物を使い、
落ち着いた雰囲気になります。

もうすぐお月見。
「十五夜」です。
同じような呼び名として、
「中秋の名月」
「芋名月」
などがあります。

この「十五夜」とは、
旧暦の8月15日
(新暦の9月15日)前後に訪れる
満月の日の事です。

今年の「十五夜」は、
10月4日(水)だそうですよ。

十五夜では、
その年の収穫に感謝して、
収穫された芋や果物、
お米の粉で作った団子を供えたのが
月見団子の始まりといわれています。
その後、
お供え物をいただく事で、
月の力を
分けていただき、
健康と幸せを得ることが出来る
と信じられていました。
今年のお月見は、
是非お団子をお供えし、
(お供えと言っても、
 月が見えるところで、
 お皿に盛りつけるだけで、
 よいのです。)
少し落ち着いた気分で、
過ごしてみるのも
良いですね。

コメントする

名前

URL

コメント

【加藤銘茶本舗情報】

加藤進

茶担当 加藤進です。

茶道担当 裏千家準教授

日本サロネーゼ協会

練り切りアート認定講師

加藤あずさです。

加藤銘茶本舗フェイスブックです。

「いいね!」よろしくお願いします。

How to order from foreign countries

 海外発送いたします。

【店長の親愛なる日記】

ブログ親愛なる日記

スタッフのブログです。
ぜひのぞいて見てください。
店長日記はこちら >>

お茶に伴う美と健康情報などを配信しています。下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

【営業日カレンダー】
  • 今日
  • 定休日

毎週火曜日が定休日です。※お電話以外のご注文は24時間、年中無休にてお受けいたしております。火曜日は注文確認のメール、入金確認、発送が翌日になりますことを、ご了承ください。臨時休業いただく場合はトップページの「お知らせ」でご案内いたします。











【本店案内】

鳳凰プレミアム

株式会社 加藤久吉商店

加藤銘茶本舗

〒535-0012大阪市旭区千林2-15-23

TEL06-6951-4056

 FAX06-6951-4088

https://kato-meicha.jp/

営業時間9:30~19:00

定休日:火曜日

【お車でお越しのお客様へ】

提携タイムズへ駐車して

いただくと2,000円以上の

お買い上げで100円

チケットをサービスします!


【アクセスマップ】

【送料について】

【ご注文方法】

FAX専用注文フォームはこちら

大きな地図で見る 

 

【あんしん決済システム】

あんしんクレジットカード決済システム



QR

ページトップへ