できたてほうじ茶専門店

【店長の親愛なる日記】

【漢字10個並んでいるだけで】


掃いても掃いても
キリがないわ。
先日、実家に行った際、
母が家の前の街路樹のある
道路で落ち葉の掃除をしていました。

木々が赤や黄色に色づき、
風で落ち葉がクルクルと
舞っています。
その様子は
風情があって綺麗ですが、
お掃除する方にとっては、
結構な手間ですね。

いよいよ今年も
「炉開き」(ろびらき)
の時期がやって参りました。

この時期の
お床は、
「開門落葉多」
(門を開けば落葉多し)
のお軸が使われる事が
多いです。

禅語で、
「聴雨寒更盡、開門落葉多」
雨を聴いて寒更尽き
(あめをきいてかんこうつき)
門を開けば落葉多し
(もんをひらけばらくようおおし)

秋深き夜更けの寒い夜、
屋根に当たる雨の音が聴こえる。
朝、庭の門を開いてみると、
多くの葉が落ちている。
昨晩の雨の音と思ったのは、
葉が散って屋根にあたる音だったのか。

というような、
晩秋の風情を表現したものです。

禅語として解釈すると、
「開門」とは、
単に門を開くということではなく、
悟りを開くという意味でしょうか。

「悟り」など、
難しい事はわかりませんが、
雨だと思っていたのが、
実は落ち葉だったという事。

物事は、
実際に体験、
目にするまでわからない。

「百聞は一見にしかず。」

の様なもので、
中に閉じこもって、
ああでもない、
こうでもない、
と無意味に思いを巡らすよりも、
一歩外に出てみると、
素晴らしい世界が、
待っているよ。

という感じに
私は解釈しております。

それにしても、
禅語というのは、
すごいですね。
たった10個の漢字だけで、

紅葉した葉っぱが、
落ち葉となっている、
晩秋を想像させてくれます。

さらに、
その中に、
様々な意味が込められている。

なんてすばらしい
漢字10個の並びでしょうか。

少しでも、
理解できることに、
感謝です。

と感動したところで、
真っ赤に紅葉した
ハナミズキの葉っぱが、
庭一面に降っております。
あ。。。

香炉

【加藤銘茶本舗情報】

加藤進

茶担当 加藤進です。

茶道担当 裏千家準教授

日本サロネーゼ協会

練り切りアート認定講師

加藤あずさです。

加藤銘茶本舗フェイスブックです。

「いいね!」よろしくお願いします。

How to order from foreign countries

 海外発送いたします。

【店長の親愛なる日記】

ブログ親愛なる日記

スタッフのブログです。
ぜひのぞいて見てください。
店長日記はこちら >>

お茶に伴う美と健康情報などを配信しています。下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

【営業日カレンダー】
  • 今日
  • 定休日

毎週火曜日が定休日です。※お電話以外のご注文は24時間、年中無休にてお受けいたしております。火曜日は注文確認のメール、入金確認、発送が翌日になりますことを、ご了承ください。臨時休業いただく場合はトップページの「お知らせ」でご案内いたします。











【本店案内】

鳳凰プレミアム

株式会社 加藤久吉商店

加藤銘茶本舗

〒535-0012大阪市旭区千林2-15-23

TEL06-6951-4056

 FAX06-6951-4088

http://kato-meicha.jp/

営業時間9:30~19:00

定休日:火曜日

【お車でお越しのお客様へ】

提携タイムズへ駐車して

いただくと2,000円以上の

お買い上げで100円

チケットをサービスします!


【アクセスマップ】

【送料について】

【ご注文方法】

FAX専用注文フォームはこちら

大きな地図で見る 

 

【あんしん決済システム】

あんしんクレジットカード決済システム


1配送先につき、5,400円以上お買い上げで送料無料!

(クール便、離島、配送先が複数の場合は別途)

QR

ページトップへ