できたてほうじ茶専門店

【店長の親愛なる日記】

「失敗は嫌だけど」

先日、
茶道の先生主催、「花月(かげつ)大会」
に行って参りました。

「花月」というのは、
5人以上の人と共に、
お点前を学びあうお稽古です。
自分のお点前だけでなく、
ほかの方のお点前、
やりとり、
全体の流れに常に気を配り、
その場の状況に合わせて、
的確に対処できるようになるための、
心の修練でもあります。

さらに大会は、
「花月」を学んでいるお稽古人達が、
大広間で、
日々のお稽古の成果を
他の方に見てもらい、
見学し、
お互いの作法の向上と、
どんな状況でも、
平常心を保つことが出来るようになるための
訓練の場です。

初めの頃は、
一緒にお稽古している人とは違う方に、
見られているということで、
緊張のあまり、
いつもはスッと出来ることも、
頭が真っ白になったりしましたが、
大会への参加の回数を重ねるうちに、
落ち着いて出来るように
なってきました。

今回も、
先生より大きな課題を
出されていたのですが、
無事成功して参りました。

煮詰まっている時などは、
間違えて失敗ばかりで、
もう嫌だなと思う事多々ありますが、
そういう場で、
上手くいくと、
練習してきて良かった。
日々の努力が大切なのだなあと、
改めて感じます。

よく「失敗は成功の基」
など言いますが、
やっぱり失敗したくないなと
思ってしまします。

でも、
失敗しないと
成功した時の達成感も
味わえないかも。

その時した失敗は、
大きな時間で見れば、
全然失敗じゃない。
後で成功するための、
失敗であって、
「こうしたから失敗したんだ。」
ということがわかって、
「じゃあ次はそうしないようにすれば成功する。」
ということがわかったのだから。

失敗するのが嫌で、
何もしないより、
何かして失敗して、
学んでいる方が
充実した人生が送れるなぁと、
思う出来事でした。

【月見団子とご一緒に】

木々が少しずつ
落ち着いた色に変化してきました。
日本の素敵なところ、
四季がある事ですね。

10月も近くなると、
夏のキラキラした日差しから、
柔らかい光に変わり、
木々も鮮やかな緑から、
深みのあるカーキや、
黄金色に変わります。

食べ物もそうですね。
夏には、
真っ赤なトマト、
枝豆やゴーヤの緑など、
ハッキリした色の物が
多いです。

秋には、
オレンジの柿、
紅色のサツマイモ
深紫のブドウなど、
落ち着いた色の
野菜や食べ物になります。

木々や草花、
八百屋さん、果物屋さんを見ると、
自然とともに、
生きているのだと
感じます。

また10月は、
茶道の世界では、
風炉から炉へ移る前の、
名残の点前の月です。
10月にしかしないお点前があり、
夏の透明感のあるガラス類から、
道具類は侘びた物を使い、
落ち着いた雰囲気になります。

もうすぐお月見。
「十五夜」です。
同じような呼び名として、
「中秋の名月」
「芋名月」
などがあります。

この「十五夜」とは、
旧暦の8月15日
(新暦の9月15日)前後に訪れる
満月の日の事です。

今年の「十五夜」は、
10月4日(水)だそうですよ。

十五夜では、
その年の収穫に感謝して、
収穫された芋や果物、
お米の粉で作った団子を供えたのが
月見団子の始まりといわれています。
その後、
お供え物をいただく事で、
月の力を
分けていただき、
健康と幸せを得ることが出来る
と信じられていました。
今年のお月見は、
是非お団子をお供えし、
(お供えと言っても、
 月が見えるところで、
 お皿に盛りつけるだけで、
 よいのです。)
少し落ち着いた気分で、
過ごしてみるのも
良いですね。

【第17回千林100円商店街】



9/16(土)は、「第17回千林100円商店街」が開催されました。当店も名物「出来立てほうじ茶 詰め放題」で参加。
足元の悪い中、沢山の方々にお越し頂きました。

店内は、焙じたばかりのほうじ茶の良い香りで一杯で一歩店内に入った瞬間良い香り~!と皆様おっしゃいます。
前日、当日に焙じたばかりのまさに出来立てのほうじ茶ですから。

千林100円商店街は年に2回開催されます。
毎回このほうじ茶を楽しみにお越しくださる方も多く、
「楽しみにしてたのよ。」とおっしゃって頂ける事に感謝です。

次回もお楽しみに。


  • 2017.09.17
  • 16:42

【香りを嗅ぐだけで良いのです】

9月に入り、
秋らしい空気に包まれる
朝晩になってまいりました。
ずいぶんと
過ごしやすくなりましたが、
これから夏のお疲れが出てくる頃です。

暑い夏、
暑さに負けるな!
と気を張っていた、
心と身体の疲れが
出てきます。

そんな時には、

飲むだけで、
疲れた心と身体に効く、
「ほうじ茶」で
心と身体を癒してあげましょう。

「ほうじ茶」は、
香ばしい香りが
特徴です。
緑茶と同じ茶葉ですが、
茶葉(よくある緑色の葉)や、
かりがね(茶の茎の部分)を
焙煎(ばいせん)、
焙じる(ほうじる)
ことによって、
あの香ばしい香りが
引き立ちます。

実は、
この香りには、
脳をリラックスさせてくれる効能が
あると言われています。

この香りを嗅ぐことで、
鼻から脳へ伝達し、
リラックスしている時に出る、
α波が多く出るのです。

また、
カゴメ(株)総合研究所の研究によると、
ほうじ茶を焙煎する時に香って来る
香ばしい匂い成分の
“ピラジン類”に、
血流改善があることが、
明らかになったそう。
ピラジン類は、
血栓をできにくくし、
血液の流れを良くする作用があるそうです。

血液の流れが良くなる、
という事は、
手足の冷えや、
肩こりの改善にも
良いという事ですね。

普通、
健康食品とか、
身体に良い物、
と言えば、
口にする食べ物ですが、

ほうじ茶は、
香りだけで、
リラックスでき、
血液をサラサラ、
身体のこりを解消、
してくれるのですね。

当店のほうじ茶は、
自社工場での焙じたてを
すぐに店頭にお出ししておりますので、
「こんな香り高いほうじ茶飲んだことない!」
とびっくりされる事間違いなしです。

  • 2017.09.17
  • 11:21

【第六十三回 全国茶審査技術競技大会】


9月10日(土)静岡茶市場で「第63回全国茶審査技術競技大会」
が開催されました。

十数年にわたって関わってきたこの大会も、年齢制限の関係で今年が最後の出場になりました。

4月の大阪予選を無事に通過し、上位入賞と、九段位昇段を目指して練習に取り組んでまいりました。(最高段位は10段)


ちなみに、どのような競技かと申しますと、

・第1審査 品種茶鑑定  5点(お茶の品種を当てる)
・第2審査 茶期別判定 5点(摘まれた時期を当てる)
・第3審査 産地別判定 10点(お茶ッ葉を見て生産地を当てる)
・第4審査 茶歌舞伎   20点(飲んで産地を当てる)

と合計40点満点の競技です。


全国各地の予選を勝ち抜いた「茶問屋、生産家、商社、小売店主」の猛者が鑑定技術を競う権威ある大会です。

なので「単に運や実力、ましてや根性論」だけではとうてい勝てない世界なのです。


そこで今回は、今年から学んでいる「NLPコーチングを取り入れてみることに。

「コーチング」とは、一流アスリートは必ず取り入れているという「潜在能力を引き出す心理技術」のようなものです。

「望ましいゴール」を設定し、それに見合った「イメージトレーニング」のようなさまざまなワークを実践します。

当然今回のゴールは「満点優勝!九段昇段!」です。



そして大会当日、どうなったかと言うと

・第1審査 5点!
・第2審査 4点・・。
・第3審査 10点!

前半戦の終了。
1点落としたものの、ここまではほぼイメージ通りの展開に。
「今年はイケる」と確信も。

いよいよ後半戦。
ここからがメインの戦いです。
とてつもない集中力が問われます。

・1煎目 5点!
・2煎目 5点!
・3煎目 5点!
(この時点で32点を越えたので、九段昇段は確実に)

そしていよいよ最後の4煎目です。

5点!

合計39点。

(この点数ならば10位入賞は間違いないだろう。
もしかして優勝かも? いや40点もいるやろし、同点も何人か・・・。)

ドキドキしながら結果発表を待つ。

そして
九段

準優勝でした。

1点差で優勝は逃したものの、できるだけの事はすべて出し切った感じなので大満足です。

最後の最後のチャンスに「準優勝、九段位昇段、最高昇段者として表彰、懇親会でもステージで表彰」など、ありえないほどの最高の結果を出せたのは、やはり「NLPコーチング」を取り入れたおかげとしか言いようがありません。
九段


「トップアスリートたちはこういうことをやっているのか」と。
技術だけでは抜きん出ることは無理だと身を持って経験できました。

これからは後進の育成に「今までとは違ったアプローチで教えていければ、スゴい結果につながるのでは?」と思うと楽しみです。


そして、皆様とともに「自然が育んだ奇跡の産物、日本茶」のさらなる魅力を共有していければ幸いです。


練習でお世話になった先輩方、設営していただいた静岡茶青、全茶青の仲間たち、そして家族に感謝です。

ありがとうございます。







  • 2017.09.17
  • 16:45

【はてなの茶碗】

抹茶茶碗


お稽古用の抹茶茶碗。

新しい柄が入荷しました。

抹茶はもちろん、ラテやパフェにも。

使い方で印象がガラっと変わりますね。

なにか良いアイデアがあればぜひ教えてください。

  • 2015.05.22
  • 15:09

【よもぎ餅と新茶】

よもぎ餅と新茶


「よもぎ餅」と「静岡新茶」で

ちょっと一福。

ゴールデンウィーク最終日。

皆さんいかがお過ごしだったでしょうか。

比較的お天気も良好で、私の友人も登山に

行かれた方が多かったですね。

新茶をのんで気分をリフレッシュして

明日に備えましょう。


  • 2015.05.06
  • 17:41

【ほうじ茶ラテ】

ほうじ茶ラテ



たまに大量注文をいただきます。

頂いた方が、さらにギフトにご利用してくれます。

ほんとにありがたいですね。

  • 2015.05.03
  • 18:43

【抹茶ソフト】

抹茶ソフト


「僕もだいぶ上手になってきたぞ」

土日はいいお天気なので抹茶ソフトが大人気です。

これからの連休が楽しみですね。

  • 2015.04.26
  • 18:00

【加藤銘茶本舗情報】

加藤進

茶担当 加藤進です。

茶道担当 裏千家準教授 加藤あずさです。

加藤銘茶本舗フェイスブックです。

「いいね!」よろしくお願いします。

How to order from foreign countries

 海外発送いたします。

【店長の親愛なる日記】

ブログ親愛なる日記

スタッフのブログです。
ぜひのぞいて見てください。
店長日記はこちら >>

お茶に伴う美と健康情報などを配信しています。下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

【営業日カレンダー】
  • 今日
  • 定休日

毎週火曜日が定休日です。※お電話以外のご注文は24時間、年中無休にてお受けいたしております。火曜日は注文確認のメール、入金確認、発送が翌日になりますことを、ご了承ください。臨時休業いただく場合はトップページの「お知らせ」でご案内いたします。











【本店案内】

鳳凰プレミアム

株式会社 加藤久吉商店

加藤銘茶本舗

〒535-0012大阪市旭区千林2-15-23

TEL06-6951-4056

 FAX06-6951-4088

http://kato-meicha.jp/

営業時間9:30~19:00

定休日:火曜日

【お車でお越しのお客様へ】

提携タイムズへ駐車して

いただくと2,000円以上の

お買い上げで100円

チケットをサービスします!


【アクセスマップ】

【送料について】

【ご注文方法】

FAX専用注文フォームはこちら

大きな地図で見る 

 

【あんしん決済システム】

あんしんクレジットカード決済システム


1配送先につき、5,400円以上お買い上げで送料無料!

(クール便、離島、配送先が複数の場合は別途)

QR

ページトップへ